カテゴリー
プロセス

services.exe サービスとコントローラー アプリケーション

これは、システムに必要な特定のサービスの開始および配布を担当するシステムプロセスです。 Windowsの名前を変更しなかった場合、ファイル自体はWindows / System32にあります

多数の悪意のあるプログラムが正当なプロセスの名前を使用して、コンピュータ上の存在を隠します。 Services.exeはこれらのファイルの1つです

Services.exeは死のブルースクリーンを呼び出します
– この問題は、ウイルスやスパイウェアを引き起こす可能性があります。
– システムが感染していない場合は、システムファイルの完全性に問題がある可能性があります。システムの復元を実行する必要があります。
あなたが “タスクマネージャー”でservices.exeを見つけたら、それは良くありません。これは、あなたのPCがウイルスに感染していることを意味し、すぐにコンピュータをチェックする必要があります。

services.exe サービスとコントローラー アプリケーション (32 ビット)
services.exe サービスとコントローラー アプリケーション (32 ビット)

Winx64システムでは、services.exe サービスとコントローラー アプリケーション (32 ビット)

会うことができるいくつかの問題
  • %ws サービスが異常終了したため Windows を再起動する必要があります。
  • サービスをシャットダウンしています: %ws。
  • セキュリティ修正プログラムのアンインストール
  • %1 サービスは %2 コントロールに正常に送信されました。
  • %1 サービスは %2 状態に移行しました。
  • 次のサービスはサービス コントロール要求に応じて繰り返し停止しています: %1%n%nサービス ベンダーまたはシステム管理者に、問題が特定されるまでこのサービスを無効にするかどうか問い合わせてください。%n%nこのサービスを無効にする前に、場合によってはコンピューターをセーフ モードで再起動する必要があります。
  • 次のサービスは開始に %2 分以上かかっており、応答しなくなった可能性があります: %1%n%nこのサービスのおおよその開始時間については、システム管理者またはサービス ベンダーに問い合わせてください。%n%nこのサービスによりシステムの応答やログイン時間が遅れていると考えられる場合は、問題が特定されるまでこのサービスを無効にするかどうかシステム管理者と相談してください。%n%nこのサービスを無効にする前に、場合によってはコンピューターをセーフ モードで再起動する必要があります。
  • サービス コントロール マネージャーによって起動されたもの以外のサービス プロセスが、%1 サービスの開始時に接続されました。サービス コントロール マネージャーでプロセス %2 が起動され、プロセス %3 が代わりに接続されました。%n%n サービスがデバッガー環境で開始するように構成されている場合は、これは予期された動作です。
  • %1 サービスの開始の種類は %2 から %3 に変更されました。
  • %2 サービスの接続を待機中にタイムアウト (%1 ミリ秒) になりました。
  • アカウント名に円記号がありません。アカウント名は次の形式である必要があります: ドメイン\\ユーザー名
  • システムは前回の正常な構成に戻されました。システムを再起動します….
  • %1 サービスは、次のエラーが原因で開始できなかった %2 サービスに依存しています: %n%3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です